東急不動産と東武鉄道の株主優待を使って、鬼怒川に行ってみた【東急ハーヴェストクラブ鬼怒川】

体験
この記事は約10分で読めます。

こんにちは!旅行大好きな「わくわく」です!

関東から比較的近い温泉街の鬼怒川をお得に観光したい!ということで、交通手段を東武鉄道の優待乗車券、宿泊を東急不動産の株主優待でホテルハーヴェスト鬼怒川に株主優待価格で泊まってきました!

すべての施設で優待が活用できたわけではないですが、株主優待を活用することで安く観光することができますので、旅行の参考にしてみてください♪

あわせて読みたい

株主優待を使った生活をしてみたい方必見!

株主優待生活の始め方をまとめておりますので、こちらもご覧ください♪

利用した株主優待【東急不動産HD/東武鉄道】

東急不動産HDの株主優待(東急ハーヴェスト)

東急不動産株主優待

まずは、東急不動産HDの株主優待です。

この株主優待は、ホテルハーヴェストや東急ステイに株主優待価格で宿泊できるというもので、今回はこの優待を活用してホテルハーヴェスト鬼怒川に宿泊しました。

料金は、1泊2食付きで、12,650円(平日・日曜宿泊の場合)で、宿泊人数や曜日、朝食の有無によって料金は変動します。

東急ハーヴェストとは?

東急ハーヴェストとは、ホテルの不動産所有権を複数のオーナーで所有し、別荘を持つ歓びとホテルを活用する楽しさが共に満喫できる、会員制リゾートホテルのことです。

簡単にいうと、お金持ち向けの別荘ですね(笑)

1988年に蓼科に誕生してからは、箱根や軽井沢、京都(詳細は、下記に記載しています)など全国に広がる施設で多彩なリゾートライフを満喫することができます。

東急不動産の株主優待は、会員制リゾートホテルに格安で宿泊できるお得なものになっています。

東急ハーヴェストがある場所は?

今回の東急ハーヴェストクラブ鬼怒川以外にも下記のリゾートホテルに宿泊することができます。

  • 箱根翡翠
  • ホテルハーヴェスト軽井沢
  • 有馬六彩
  • ホテルハーヴェスト京都鷹峯
  • 裏磐梯 グランデコ 東急ホテル
  • ホテルハーヴェスト那須
  • ホテルハーヴェスト鬼怒川
  • ホテルハーヴェスト勝浦
  • ホテルハーヴェスト箱根明神平
  • ホテルハーヴェスト箱根甲子園
  • ホテルハーヴェスト伊東
  • ホテルハーヴェスト天城高原
  • ホテルハーヴェスト旧軽井沢
  • ホテルハーヴェスト斑尾
  • ホテルハーヴェスト蓼科
  • ホテルハーヴェスト浜名湖
  • ホテルハーヴェストスキージャム勝山
  • ホテルハーヴェスト南紀田辺

優待料金

素泊まりなのか、平日なのか、土曜休前日なのか、それぞれで金額が異なるのですが、ホテルハーヴェストの周りにあまり何もないところが多いので、食事付きがおすすめです♪

・素泊まり(13歳以上)

平日・日曜土曜・休前日
鬼怒川・勝浦・伊東・天城高原・斑尾・蓼科
浜名湖・スキージャム勝山・南紀白浜
6,050円8,250円
裏磐梯グランデコ東急ホテル・那須
箱根明神平・箱根甲子園・旧軽井沢
軽井沢・有馬六彩・京都鷹峯
6,600円8,800円

・1泊2食付(13歳以上)

平日・日曜土曜・休前日
鬼怒川・勝浦・伊東・天城高原・斑尾・蓼科
浜名湖・スキージャム勝山・南紀白浜
12,650円14,850円
裏磐梯グランデコ東急ホテル・那須
箱根明神平・箱根甲子園・旧軽井沢
軽井沢・有馬六彩・京都鷹峯
13,200円15,400円

東急不動産の株主優待の入手方法

ホテルハーヴェストで利用できる株主優待を手入れるには、東急不動産HDの株を100株以上保有することで、 「株主様ご優待券」が年2回に送られてきます。

また、株を購入するのは抵抗があったり、まずは資金を貯めることから始めたい!という場合は、金券ショップでも300円前後(時期により値段が変動します)で入手することができます。

一度、ホテルハーヴェストに泊まってみたいという場合は、金券ショップを利用しても良いかもしれません。

東急不動産の株主優待の使い方

東急不動産HDの株主優待をつかってホテルハーヴェストを予約する方法は、

  • 電話予約
  • WEB予約

の2パターンがあります。

電話予約の場合、各ホテルに直接の連絡になります。(10:00~19:00)

株主向け予約サイトを使う場合は、サイトにアクセスし、「株主様ご優待券」に記載のID・パスワードをいれて、ログインをすると予約が可能です。

株主向け予約サイトを使うと、空室状況などもすぐ把握ができるので簡単だと思います!

株主向け予約サイト

予約サイトはこちら

東武鉄道の株主優待

東武鉄道株主乗車券

移動に使ったのは、こちらの東武鉄道の株主優待乗車券です。

東武鉄道内の在来線なら無料で乗れる切符です。

今回は特急も使ったので、特急料金は別途支払いましたが、安さを最優先したいという場合は、この切符だけで移動すれば、0円で移動することができます!

東武鉄道株主優待券

最後に、東武鉄道の冊子の優待券です。

こちらは、東武鉄道内で展開しているコンビニや東武ワールドスクウェアの割引きに使えるので、そこで活躍しました!

東武鉄道の株主優待の入手方法

東武鉄道の株主優待を入手する方法は、東武鉄道の株を100株以上保有することで、送られてきます。

100株の場合、年1回にしか送られてきませんが、200株以上保有することで、年2回送られてきます。

また、東武鉄道の株主優待も金券ショップでも入手可能です。

切符は数百円前後(時期によります)、冊子も時期によれば破格の値段で入手が可能です!

東武鉄道は旅行の時しか使わない!という場合は、金券ショップを活用しても良いと思います!

SL大樹

東武鉄道の株主優待乗車券は、SLも乗れる!

SL大樹

今回は、鬼怒川に向かうついでに、SL大樹にも乗ってみました。

実は、株主優待乗車券は、SL区間の乗車も可能なんです!ただ、無料になるのは、乗車券の部分のみ。

SL大樹に乗るには、座席指定料が別途かかるため、追加で料金の支払いが必要になりますが、こちらはインターネットで申し込みが可能なので、チケットレスで乗車が可能です。

SL大樹は、下今市駅~鬼怒川温泉駅の区間を走っているのですが、一律料金になっています。

  • SL大樹:大人 760円 / 小児 380円(税込)
  • DL大樹:大人 520円 / 小児 260円(税込)

SLってなかなか乗る機会がないと思うので、株主優待をこういう経験に活用できるのって良いですよね♪

SL大樹の予約

予約はこちらから

東武ワールドスクウェア

株主優待利用で1,000円引きになる

東武ワールドスクウェア

関東圏にお住まいの方ならCMが時々ながれているので、知ってる!という人もいるかと思いますが、関東圏以外だと、東武ワールドスクウェアって何?っていう人もいるかと思います。

東武ワールドスクウェアは、48の世界遺産を含む、世界の有名建築物を一日でめぐる世界一周の旅ができる夢のような場所なのです(笑)

ピラミッドとスフィンクス

例えば、こんなスフィンクスやピラミッドなどの写真が撮り放題♪とはいっても、すべてミニチュアなのですが、再現度はかなり高いです!

例えば、ピラミッドをバックに撮影をしたり、世界の各名所で自撮りなんていうことも可能なんです♪

首里城とスカイツリー

そして、世界各地、日本だけでも様々な地域の世界遺産があるので、例えば、現実世界ではありえない、首里城とスカイツリーをセットに撮影することも(笑)

ミニチュアだからいろんな構図で楽しめますね♪

そんな東武ワールドスクウェアは、当日券が

  • 大人…2,800円
  • 小人…1,400円

なのですが、東武鉄道の株主優待をつかうことで、

  • 大人…1,000円引き
  • 小人…500円引き

という値引きを利用して、入園することができます。大人で1,000円引きは結構でかいですよね。

コロナでなかなか海外にいくことができない今、世界遺産を見ることができる東武ワールドスクウェアは、意外と楽しめるかもしれませんよ♪

実際、カップルやグループ、家族で撮影会をしている人も何組もいました!

東武ワールドスクウェアの情報

東急ハーヴェスト鬼怒川

東急不動産の株主優待をつかって宿泊

ホテルハーヴェスト鬼怒川

続いて今回の宿泊場所です!東武ワールドスクウェアの目の前にあるのが、ホテルハーヴェスト鬼怒川。東急不動産の株主優待を活用しています!

今回は、あえて株主優待を駆使する感じで旅行をしていますが、もしかすると普通に楽天トラベルとか、じゃらんなどのツアーを使ったほうが安いかもしれませんが、そこは確認していません(笑)

鬼怒川といえば、鬼怒川温泉駅が最寄りのように思いますが、鬼怒川温泉駅ではなく、東武ワールドスクウェア駅が最寄りなので、注意が必要です!

画像は玄関側で見えないのですが、ホテルハーヴェスト鬼怒川は、客室の目の前が鬼怒川に面しているので、窓を開けると川の音が聞こえて癒されます。

ホテルハーヴェスト鬼怒川のフロント

周りには、自然がいっぱい(自然しかない…笑)なので、自然を満喫したい方や、家族での旅行、都会の喧騒を忘れたい方にはぴったりだと思います!

鬼怒川温泉駅前は、観光地(温泉地)という感じですが、ホテルハーヴェスト鬼怒川があるエリアは、どちらかというと落ち着いたエリアなので、夜も静かでした。

東急ハーヴェスト鬼怒川の施設情報

少し古いが快適な空間

ホテルハーヴェスト鬼怒川の客室

ホテルの内装自体は、少し古さがあるのですが、きれいに掃除がされており、気になりませんでした。

また、ホテル内には、屋内温水プールや足湯、露天風呂付温泉大浴場もあり、ゆっくりするにはぴったり♪

コロナの影響で、ゲームコーナーなど使えないものもありましたが、特に不便なことはありませんでした!

ちょうど宿泊時は工事中でしたが、隣にはVIALA鬼怒川渓翠を建設中のようなので、これからは新しい施設も楽しめるのかもしれません♪

東急ハーヴェストVIALA鬼怒川の情報

HPはこちら

景色の良いエントランス

ホテルハーヴェスト鬼怒川のエントランス

エントランス部分もゆったりスペース!

絵画のような景色ですね♪秋だともっときれいなんだろうなと思います。

朝食ではコーヒーなども飲み放題なのですが、そのコーヒーをもって、チェックアウト前にゆったりするのもおすすめです!

もちろん夜でも利用できるのですが、朝利用すると気持ちの良い朝を過ごすことができると思います♪

東急ハーヴェスト鬼怒川の食事

朝食・夕食ともに満足する内容

夕食も朝食もコロナの影響?なのか、夕食はテーブルオーダー制だったのですが、事前にアレルギーを伝えると、料理の中のアレルギーリストを手配してくださいました。

このアレルギーに関しては、宿泊前に電話にて確認が入ります。その際に、アレルギーや持病を伝えておくと、リストを作ってくれたり、食べ物の案内をしてくれるようです。

きめ細やかな配慮や出来立ての料理は非常においしく、とても満足する内容でした♪

今回は、1泊2食付きのプランにしたのですが、平日料金1泊2食で12,650円は、十分に満足できるのではないかと思います。(土曜・休前日だと14,850円になります。)

冒頭でも書いたように今回は、あえて旅行サイトなどの料金は見ていないので、もしかすると別で予約したほうが安いものがあったかもしれませんが、せっかく届く株主優待を使って楽しむ旅行は、なんとも言えない喜びがあります!

また、今回のように株主優待を合わせてつかうことで、相乗効果でお得になるのもうれしいですね♪

日光東照宮に

ちょっと足をのばして観光も!

帰りのお楽しみということで、東武鉄道の優待乗車券の余りがあったので、日光東照宮があるエリアも散策してみました♪

ここは、鬼怒川温泉からそれほど遠くないので、東武鉄道の株主優待を活用するにはぴったりかもしれません。

日光東照宮は、以前から何度かきていますが、歴史が好きな自分にとって何度来ても楽しいエリア!

徳川家康さんにご挨拶して、帰りました(笑)

最後に…

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

次回は、どこの東急ハーヴェストに泊まろうかと考えながら、株主優待を組み合わせて旅行を計画したいです♪

東急不動産の株主優待では、東急スポーツオアシスというスポーツクラブも利用ができます!その体験をまとめたレビューはこちら↓

株主優待を試したレビューをいくつか記事にしていますので、興味がある方はこちらも読んでみてください♪

株主優待使ってみた!のまとめ記事はこちら


コメント

タイトルとURLをコピーしました