家電を買わなくてもOK!ヤマダデンキの株主優待を使って食品や日用品を半額で買ってみた!

体験
スポンサーリンク

こんにちは!家電量販店巡り大好きなわくわくです!

新製品や便利家電をみていると時間がどんどん過ぎていきます(笑)

今回は、家電量販店でお馴染みのヤマダデンキを運営するヤマダホールディングの株主優待を使って、食品や日用品を半額で購入してきました♪

ヤマダホールディングスの株主優待は、家電以外にも活用できるので、おすすめです!

スポンサーリンク

株式会社ヤマダホールディングスとは?

ヤマダデンキは群馬県高崎市に本社がある家電量販店で全国的にも有名かと思います。

2020年10月1日に持株会社化に伴い、株式会社ヤマダ電機から株式会社ヤマダホールディングスに商号変更しており、ヤマダデンキの展開以外にも近年話題になった大塚家具なども子会社になっています。

あんまり知られてないんですが、住宅系の会社を複数子会社にしているので、家電量販店からの脱却を目指しているのが伝わってきますね。

個人的には、ヤマダデンキのテーマソングが結構好きで、一度聞くと頭の中でリピートしてしまうので、かなり中毒性があるのかなと思っています(笑)

ヤマダホールディングスの株主優待の入手方法とは?

ヤマダホールディングスの株を保有する

ヤマダホールディングスの株主優待

ヤマダホールディングスの株主優待は、ヤマダホールディングスの株を100株以上保有することで500円分のお買物優待券をもらうことができます。

また、保有の株数によってもらえる枚数が異なります。

100株~ 499株<3月末基準>500円分 (1枚)
<9月末基準>1,000円分 (2枚)
500株~ 999株<3月末基準>2,000円分 (4枚)
<9月末基準>3,000円分 (6枚)
1,000株~ 9,999株<3月末基準>5,000円分 (10枚)
<9月末基準>5,000円分 (10枚)
10,000株以上<3月末基準>25,000円分 (50枚)
<9月末基準>25,000円分 (50枚)

10,000株を超えると年間5万円分とかなり大きいのですが、さすがにここまで保有するのは大変かなと思います。

もし、ヤマダデンキを利用することが多いのであれば、株価もそれほど高くないので、1,000株くらいがコスパが良いのかなと。

また、近年、株主優待の改悪があり、お得感は以前より薄れたのですが、まだまだ利用価値はあると思います!

まだ証券会社の口座を持っていない方はこちら

フリマアプリや金券ショップにいく

ヤマダホールディングスの株主優待は、フリマアプリや金券ショップでも入手することができます。

どちらも、500円より安い金額で売っていることが多いのですが、期限が近付くほど安売りをしていることが増える傾向があります。

とりあえず、試しに使ってみたい、という場合は、メルカリなどで調べてみると良いかもしれません。

ヤマダホールディングスの株主優待はいつ届く?

ヤマダホールディングスの株主優待は、年2回届きます。

基準日届く時期
3月末6月下旬
9月末12月中旬

3月末と9月末の基準日に株を保有しておくことで、配当金と合わせて株主優待が送られてきます。

株主優待を最大限活用するためには、年間通して保有しておく方が面倒がなくて良いですが、1,000株までは、9月末の方が枚数が多いので、こちらを狙うのもアリかなと思います。

ヤマダホールディングスの株主優待の有効期限は?

注意が必要なのが有効期限で、どちらの基準日のものも半年間です。

近くにヤマダデンキがなくて、期日まで使えないという場合は、さっさと売ってしまうのが良いかと思います。

例えば、金券ショップだと期限日が近づくと買い取り価格が下がる傾向があります。

もし、利用できないのであれば、1枚当たり500円から多少値下がりはしますが、現金化してしまうほうが、何かと使い勝手は良いかと思います。

株主優待の使い方とは?注意点など

注意点とは?

ヤマダホールディングスの株主優待の使い方は、簡単です。

会計時に株主優待を提出するだけ

なのですが、利用時に注意事項があります。

  • 1回の買上げ金額が、税込み合計金額1,000円以上につき1,000円ごとに、1枚(500円)
  • 1回の買物での利用枚数は、表面に記載の有効期限内のもので最大50枚まで

となります。1,000円につき1枚しか使えないので、半額券のようなイメージです。

500円のもの購入しようとおもって、500円分の優待券を出しても利用できませんので、注意してください。

ポイントの付与はあるの?使用はできるの?

株主優待を利用してもポイント付与は可能です。

ただし、下記の注意点がありますので、事前に確認を!

  • ポイント還元商品は、株主優待券利用後の差額分に対してポイントが付与される
  • ポイントの使用は、株主優待券利用後の残金に対して使用が可能

となっております。

ポイントを併用できるのは、ありがたいですよね♪

株主優待を使ってみた!

購入した商品

日用品や食品の購入がおすすめ

ヤマダデンキは、店舗にもよりますが、洗剤、トイレットペーパー、化粧品、ヘアカラーといった日用品やジュース、お茶といった食品など家電以外の商品も売られています。

この株主優待は、これらの商品にも適用することができるので、無理に家電を購入する必要はありません。

家電は、壊れる時期が読めなかったり、購入するタイミングも難しいと思いますが、日用品なら普段使いも簡単ですよね♪

例えば、株主優待を2,000円分持っていた場合、4,000円の商品を2,000円で購入することが可能になるので、実質半額となります!

今回の購入商品と金額

今回は、日用品をなるべく手出しを出さないように購入してみました。

購入したものは、

  • エネルギーゼリー
  • アルコール除菌
  • 液体ブルーレットおくだけ
  • アリエール消臭&抗菌ビーズ×2

で、合計2,009円(税込み)!全然、家電関係ないですね(笑)

税込み金額がちょうど2,000円に近づくように、エネルギーゼリーは金額調整(もちろんちゃんと利用することを前提として)として購入したのですが、スマホで計算機機能を使いながら店舗をうろうろしていたので、怪しかったかもしれません(笑)

支払い金額としては、500円分の株主優待を2枚利用して、1,000円引きとなり、1,009円でした。

賢くポイント利用を

また、もし、ヤマダデンキのポイントを持っている場合、株主優待から引いた残金に対してポイント利用が可能です。

今回は、9円分のポイントを使ったので、手出しは1,000円で購入したのですが、全額ポイントで払えるなら完全に無料になります。

また、クレジットカードで精算するとクレジットカードのポイントも貯まりますし、PayPayなどのQRコード決済も可能なので、ポイント還元のキャンペーンを実施していれば、そちらを利用しても良いと思います。

家電を買うとポイントが結構貯まると思うので、こういう優待活用の際に利用しても良いかもしれませんね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました