在宅勤務(リモートワーク)に思うこと

雑記
スポンサーリンク

こんにちは!わくわくです。

いつも節約や投資などの話ばかりなので、全然違うことをということで、個人的に在宅勤務(リモートワーク)について思うことを書いてみようと思います♪

節約まったく関係ないです(笑)

スポンサーリンク

実際、在宅勤務してる人ってどれくらいいるの?

コロナ禍になって、一気に普及した在宅勤務(リモートワーク)。

でも、実際どれくらいの会社が実施してるんだろう。といつも感じています。

自分は、仕事の異動で東京に来て3年目なのですが、異動して初年度は、コロナが流行る前で普通に出勤。

2年目は、コロナが流行りだし、一時期は完全に在宅勤務になるも、しばらくすると週1~2の在宅勤務に変更。

3年目の今、週1~2の在宅勤務のみで、正直会社はド密(笑)

通勤中に電車に乗ってくる人の量は、結構多いので、同じような会社が多いのかなと感じています。

実際、まじめに取り組んでる会社はあるんでしょうかね。

在宅勤務で良かったこと

在宅勤務が始まって色々良かったことがあるのですが、いくつかピックアップしてみました!

対面での会社の飲み会がなくなる(笑)

これ、かなりうれしい出来事♪

正直、時間もお金も全くメリットを感じていなかった会社の飲み会。

今は、クラスターが発生しないように禁止になっているので、本当にありがたい!

会社の飲み会に関しては色々な考え方があるとは思うのですが、あまりお酒が得意じゃない自分にとっては、無駄な出費もなくなったし、なんといっても無駄な時間を浪費しなくてよくなりました(笑)

家のことが効率的に行える

在宅勤務をしている場所は、自宅なので昼食も作れるし、休憩中に掃除もできる。

かなり効率的な生活が送れるようになったと思っています。

昼間の時間に家のことをこなせるというのは、こんなに良いことなのかとと、在宅勤務が始まった初期に感動しました(笑)

昼食代や飲み物代も節約できますしね。

ゆっくり寝ることができる

通勤時間って本当に無駄だなって思いますよね。

朝、ゆっくり時間を使うことができるので、本を飲んだり、掃除をしたり(掃除が大好きです笑)、コーヒーを入れたり、洗濯したり、洗い物をしたり。

仕事終わりもスムーズに夕食や寝る準備に移行できるので、かなりありがたいなと感じています。

出勤時よりも密なコミュニケーションが取れる

仕事面で、とても良いなと思うが、対面で話せないからこそ、WEB会議やチャットツールで密な連携が取れるようになりました。

対面だと、空気感をつかむとか、察する力が求められたりしますが、目の前にいない分、ちゃんと伝えないといけなかったり、話をしたりと逆にコミュニケーションがはかれている気がします。

対面の方がスムーズにいくことは、もちろんありますが、それ以上のメリットがあるのかなと自分の職種に関しては、感じています。

生活するのは都会である必要がない?

東京での生活の前は、地方都市で暮らしていましたが、今の働き方なら地方都市の方が楽しいのかも?と感じたりもしています。

家賃も安いし、自然も豊か、物価も落ち着いている。

もちろん、東京は東京の良さがありますし、東京は好きな都市なのですが(笑)

これから、どういう世の中になるのかわかりませんが、いろんな選択肢が広がっても大丈夫なように生活の基盤だけはちゃんとしていきたいなぁ。と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました