家計簿が続かない…家計簿成功の秘訣!支出の見える化で節約が確実に成功する【家計簿活用術】

節約
スポンサーリンク

こんにちは!家計簿を活用しているわくわくです!

お金を稼ぐことは難しても支出を減らすのは、意外と簡単です。

それは、支出の見える化をしないと、今の置かれている状況がわからないし、削る場所も見えないからです。

もしかすると収入と支出の差額がいくらなのかを、つかめていない人もいるのかもしれません。

投資を始める前に節約の習慣を身に着けるだけで、投資に回せるお金を増やすことができます!

今回は、節約に確実につながる支出の見える化=家計簿の大切さについて、まとめてみました♪

スポンサーリンク

目標設定ができる

節約に限らず、なにかを始めるときって目標を設定することって大切ですよね。

家計簿は、支出の見える化です。

支出を把握することは、目標を設定するために大事なステップになります。

というのも、「どれくらい使っているか」=「現状」がわからないと、改善のしようがないからです。

まずは、自分がどれくらい使っているのかを把握したうえで、削る場所を決めていきます。

家計簿を習慣化することで、小さい部分からでも、目標を設定することができます。

収入と支出を把握できる

「お金が貯まる」=「収入が多い」と思っている人もいるかもしれませんが、実際収入が多い人でも、お金が全く貯まっていない人も多くいます。

それは、収支を把握していないことが、原因なことが多いです。

入ってきたお金をそのまま全部使ってしまっていたら、貯まるものも貯まらないですよね?

家計簿をつけることで普段、どれくらい収入と支出の差があるのかを把握することができます。

また、いきなり収入を上げるには、転職をするのか、昇進をするのかなど手段が限られると思います。

ですが、視覚化された支出を削減するのは、意外と簡単にできるものです。

無駄の改善ができる

家計簿は、つけたら終わりではなく、定期的に振り返ることがとても大切です。

その振り返りの中で、「ここは削れる」「これは無駄な出費だったな」とポイントが見えてきます。

そんな無駄だと思った部分を一つずつ改善していくだけで、気づきば節約につながっていたということもあると思います。

ただ、気を付けないといけないのは、「節約」でよくイメージされがちな、「食費」をいきなり削るのは、やめてください。

食べ物は、体をつくる資本ですし、例えば毎日、もやししか食べないなどとしてしまうとストレスが溜まりまり、節約自体を続けられません。

そういうストレスと溜めないためにも、まずは自分の生活の中で無駄な部分は何か、を把握してみましょう。

家計簿も進化している

家計簿というと、手書きのものをイメージする人もいるかもしれませんが、今はそんな面倒なことをする必要はありません。

無料のアプリもたくさん出ていますし、レシートを撮影するだけのもの、銀行と連携するだけのものもあります。

特にアプリだと勝手にグラフ化やリスト化をしてくれるものが多いので、自分で分析が必要ありません。

カレンダー機能がついていれば、「いつ」「何に」使ったのかなど一目でわかることができます。

便利なものはどんどん活用していきましょう。

そもそも、家計簿をつけることに時間をかけること自体が無駄です。

便利なものをどんどん取り入れていくことが、成功の近道だと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました