断捨離は効果があるのか

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

断捨離ってなに?

断捨離は、「もったいない」という固定概念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

  • 断:入ってくるいらない物を断つ。
  • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
  • 離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは異なるものとされている。     wikipedia参照(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E6%8D%A8%E9%9B%A2

上記のように断捨離には、「入ってくるいらない物を断つ」「家にずっとあるいらない物を捨てる」「物への執着から離れる」という三つの要素があります。

物を捨てるから入ってこないようになる

ただ、私は、下記の順番の方が、しっくりくるのではないかと思っています。

  1. 捨てる:家に置いてあるいらない物を捨てる→部屋がきれいになる
  2. 断つ:いらない物を家にいれたくない→きれいな状態を保ちたいから入れない
  3. 離れる:物への執着が少なくなる→さらにいらない物を捨てる

まず、捨てることから始める

思い切って、家にある不要なものを捨ててみましょう。なかなか捨てることができないという方は、1年間着なかった服、賞味期限の切れた食料品などから取り掛かりましょう。少しでも捨てることで、家の中にスペースが生まれます。そして、捨てることになれると、読まなくなった本や使っていない家具など、どんどん大きなものにも手を付けていきましょう。もちろん、必要なものは残してくださいね。

家にいれるものを減らす

家の中にスペースができると、部屋が広く感じると思います。この空間に物を入れるのではなく、広さを楽しむようにしましょう。例えば、掃除がしやすくなる、空間を生かした模様替えをするなど、きれいな空間を楽しんでください。そうすると物であふれていた生活には戻りたくないと感じるようになります。

執着することから離れられる

部屋に余白ができると、心にも余裕が出てきます。この心の余裕が、物から執着することから離れることにつながります。ここまでくると、節約につながります。はじめは「せっかく買ったのに!」と捨てることをためらってしまうかもしれません。ですが、思い切って捨ててみましょう。まずは、そこからスタートです。

わくわくポイント

  • 断捨離は心の余裕が生まれる
  • 一度、捨てると捨てることが楽しくなる
  • 新しいものを入れたくないという気持ちから節約につながる

コメント

タイトルとURLをコピーしました