投資に挑戦する前にすべきこと

節約
この記事は約2分で読めます。

資産形成初期に投資はすべきでない?!

よく、お金を増やすにはどうしたら良いですか?という質問をされると、矢継ぎ早に株について相談をうけることがあります。私自身も株や投資信託などを行っているので、資産を増やす一つの手段としては、非常に有効だと思っています。ですが、資産形成初期に株を始めとする投資はおすすめしません。

ではなぜ、資産形成初期で投資をすべきではないのでしょうか。それは、余裕資金がない状況では、リスクが大きいからです。もちろん、元々余裕資金がある人であれば、問題はないと思います。

余裕資金を作るには、節約が一番

仮に始めやすいからと株を買ったとしても、いきなり何百万も稼ぐことが難しいと、過去に株に手を出した人であればわかるかと思います。それは、レバレッジをかけない限り、1万円から始める人と100万円から始める人では、確実に100万円から始める人のほうが有利だからです。

投資とは自己責任と頭でわかっていても、プラスになるだけでなく、マイナスになるリスクもあります。マイナスになっても余裕資金から捻出しているお金であれば、普段の生活に支障をきたすことはありません。

その余裕資金を作るには、節約するのが一番なのです。入ってくるお金を増やすことはハードルが高くても、出ていくお金を抑えるのは意外と簡単だからです。

余裕資金はどの程度増やせば良いのか

余裕資金とは生活費や非常時に使うお金などを差し引いた資金のことです。当面使うことがないお金なので、生活に直結していません。その資金をまずつくることが重要になります。

生活費や非常時に備えて残しておくお金としては、例え職を失ったとしても約三か月分生活できる資金があれば良いといわれています。普段毎月20万円の支出がある人であれば、20万円×三か月=60万円くらいあると良いでしょう。

「そもそも、貯金なんてないよ…」「三か月分のお金がまず足りない…」という方は、節約を今すぐ初めて、その資金作りからスタートしましょう。

わくわくポイント

  • お金を増やす=株(投資)と考える前に余裕資金を増やす
  • 余裕資金が貯まれば、そこから株にチャレンジできる
  • 節約をすれば、将来の自分を助けることになる

コメント

タイトルとURLをコピーしました