貯金や節約が続かない…したいのにできない人必見!節約できない人が実践すれば必ず節約につながる【節約術10選】

節約
スポンサーリンク

こんにちは!節約大好きなわくわくです♪

節約というと、「なにもかも我慢しないといけない」「買いたいものや食べたいものを諦めないといけない」というようなイメージを持っている人もいるかもしれません。

でも実はそのようなことはなく、意外と簡単に始めることができます♪

もちろん、節約は資産がいきなり増えるものではありませんし、登山のように一歩一歩積み重ねていくイメージです。

今回は、この中の一つでも実践すれば、確実に節約につながる節約術を10選まとめてみました。

スポンサーリンク

1、飲み物は家で準備する

外出先や仕事中にのどが渇くことってありますよね。

仕事前に必ずコーヒーを買うことが習慣化している人もいるかもしれません。

ペットボトル飲料やカフェで買うコーヒーって一回当たり100円~500円程度なので、それほど高くないのですが、1か月、1年と単位を長くしてみると高くなることも。

例えば、100円を毎日購入すると年間で約4万円

  • 100円×31日=3,100円
  • 3,100円×12か月=37,200円

500円を毎日購入すると年間で約19万円

  • 500円×31日=15,500円
  • 15,500円×12か月=186,000円

水筒を買って、家でお茶やコーヒーを入れて持ち歩くと、年間で結構節約につながります♪

2、コンビニにはいかない

コンビニは、コンビニエンスストアというだけあって、便利で本当にどこにでもありますよね。

同じエリアに何軒もあり、もしかするとどこを利用するか迷うこともあるかもしれません(笑)

そんな気軽に行けるコンビニは、基本的にスーパーよりも高く設定されていることがほとんどです。

また、飲み物と同様にこまめに買うことで知らないうちに金額が上がっているということもあるでしょう。

コンビニで買い物をする際に、一度立ち止まって、本当に必要なのか考えてみましょう。

もし、周りにスーパーがあればスーパーに、もしくはドラッグストアやディスカウントストアがあれば、そちらで購入しましょう。

理想としては、毎日使うものは、休みの日にまとめてスーパーなどで購入しておくことをおすすめします。

3、不必要なものは買わない

不必要なものは買わないというと

「不必要なものって何?」「必要だから買ってるんだけど?」

という声が聞こえそうですが、これは購入する前に本当に必要なのか立ち止まってみましょう!というものです。

例えば、今までこんなことはなかったでしょうか?

  • 新商品がでれば、試してみるためになにも考えずに買っていたことはないですか?
  • 一定金額以上だと送料無料になるからと追加で買い物かごに入れたことはないですか?
  • 割引シールが貼ってあれば、その時食べたくなくても購入したことはないですか?

何か購入する前に、一度立ち止まって考えてみる癖がつくと、不必要なものを購入しなくて済みます。

特に送料無料にするために通販で追加で購入していた場合、実際送料を払う方が安上がりになることも多いものです。

4、スーパーの食材にこだわる

毎日、自炊ばかりしていると、たまには外食をしたりしたくなりますよね?

もしくは、自炊が面倒だからと毎日外食をしている人という人もいるかと思います。

自炊は、節約の代名詞みたいになっていますが、外食をしたいなと思ったときこそスーパーでの食材にこだわってみましょう。

例えば、お昼に外食をすると1人で行ったとしても1食あたり500円から1,000円程度、4人家族なら3,000円前後は掛かると思います。

夕食になるとお酒なども入り1,000円~とさらにお金がかかることも。

でもこれって、スーパーで少し高い食材を買ったほうが安い場合がほとんどです。

最近では、ミールキットも売っているので、外食中心の食事をしていて、食費を落としたいと思ったときは、無理にカップラーメンとかおにぎりだけとかにするのではなく、まず外食分の費用で自作できるものに変換してみましょう

いつも自炊中心でたまに外食したいなという時は、普段挑戦しない料理などちょっと食材にこだわってみましょう♪

5、家でお酒を飲む

新型コロナウイルスの影響で外でお酒を飲むことが減ったという人もいるかと思いますが、お酒って家で飲んだ方が格段に安くなります。

それは、お店で飲むお酒は、基本的にお店側の利益が乗っかっているからです。

また、ただご飯を食べるだけと違い、ついついお酒を飲みすぎてしまって、会計がとんでもないことになったことはないでしょうか。

お酒をどうしても飲みたいという場合は、家で飲めばかなり安くなります。

もし、外で飲む雰囲気が好きなんだ!という場合は、週5を週2に減らすなど、回数を減らしてみましょう。

お酒を飲まない習慣がつけば、その時間を資格の勉強やお金を増やす勉強に充てることもできます。

6、還元率の高いクレジットカードで支払いをする

新型コロナウイルスの影響で現金から電子マネー・QRコード決済・クレジットカードに変わりつつあると思います。

様々なツールがありますし、私自身も色々試したのですが、結局クレジットカードに利用を絞るのが一番得(楽)なのではないかと思っています。

ポイントの分散も防げますし、お金の管理もしやすいためです。

では、高還元率とは何%くらいなのかということですが、1%を超えるものを選びましょう。

また、1%以上のものももちろんありますが、年会費がかかったり申し込みに条件があったりします。

1%還元であれば年会費無料のものも多いですし、それなりにポイントを貯めることができます。

楽天ポイントの使い勝手が非常に良いので、楽天カードでまとめるのもおすすめです♪

7、ATMで手数料は払わない

この世の中で一番無駄なもの、それは手数料です。

手数料って数十円~数百円くらいだからと軽く見がちかもしれません。

でも、手数料こそ、ちりつもで意外と出費がかさみます。

対策としては、ネットバンクを使うのが一番おすすめです

例えば楽天銀行なら保有する金額や条件によってコンビニでもATMの利用が最大月7回まで無料。

振り込み時も最大月3回まで無料で行うことができます。

コンビニで使うことができ、さらに手数料がかからないとなれば、利便性が格段に向上すると思います。

楽天ポイントの使い勝手を考えて楽天銀行をおすすめしていますが、ネットバンクなら各社手数料無料を打ち出しているので、乗り換えてみましょう。

8、サブスクは契約する前に本当に必要か考える

〇〇し放題という、サブスクリプション。

最近では、動画見放題、音楽聞き放題といったスマホで完結するものだけでなく、コーヒーが毎日無料といった実際の商品のサブスクなども多く展開しています。

でも、実際契約したは良いけど、使わず放置しているものってないですか?

例えば、ネットフリックスやアマゾンプライム、huluなど動画のサブスクが主流になってきていますが、仕事やプライベートに追われて全く利用していない期間というのがないでしょうか。

日割りで計算すると、無駄なお金を使っているかもしれません。

サブスクは、本当に使う時間があるのか、金額以上の価値があるのか、代替可能なものはないか、を契約する前に考えることをおすすめします。

自分は、動画や音楽などのサブスクは使っていませんが、無料のアプリや株主優待を活用することで全く困ることがありません。

9、スマホは格安SIMにする

スマホの料金を月々いくら払っているか把握していますでしょうか。

au、ドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアから格安SIMに乗り換えるだけで、格段に料金を落とすことができます。

自分は以前、楽天モバイルを中心に使っていましたが、その時は楽天ポイントで全額支払いをしており、毎月の利用料は0円。

現在は、別の格安SIMの乗り換えていますが、それもすべてポイントで支払っているのでスマホにお金をかけていません。

大手キャリアだと年間何万円もするものが、SIMを変えるだけで0円まで持って行けるってかなりお得ですよね。

やり方がわからない、電波が届くかわからないという疑問なども最近では、店舗で質問できるところも増えてきました。

最初は面倒でも、その労力以上に価値を生み出してくれる格安SIM。

固定費削減としても使わない手はありません。

10、家計簿をつける

個人的には、これが一番大事だと思っているのですが、家計簿は支出の見える化です。

勉強でも仕事でも目標設定は大事ですよね。

でも目標を作るためには、今の自分の状況がわからないと動きようがありません。

そのためにも、まずは家計簿をつけて何に支出をしていて、毎月どれくらいお金を残せているのか確認する必要があります。

家計簿というと、昔ながらのノートで1円単位で細かくつけないといけない。。。と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

初めは、レシートを集めるだけでも良いと思います。

週に一回集めたレシートを観察するだけでもお金の動きがわかりますし、今はレシートを撮影するだけで自動で家計簿を作ってくれるアプリもあります。

実際、1円単位で細かくつける必要もありませんし、一つひとつ項目別に分ける必要もないです。

「コンビニ」「旅行」「デパート」「外食」というような分類で十分だと思います。

まずは、自分が置かれている状況を把握する!それが大切です。

まとめ

今回は、確実に節約につながる節約術10選をまとめてみました。

全部やらないといけないというわけではなく、一つでも実践すれば、必ずお金が貯まっていきます。

何もしないで待っているだけでは、お金は出ていく一方なので、まずは行動してみましょう♪

節約は、慣れるまで大変かもしれません。

でも、それが当たり前になれば、雪だるま式で貯まるようになりますので、この機会に節約を始めてみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました