旅行を楽しむ方法 旅行は予算設定をすることから始める

旅行
この記事は約2分で読めます。

旅行は計画から始まっている

実は、私は旅行が趣味で普段の節約術を生かして、ほぼ毎月沖縄に行ったり、定期的に全国各地を回ったり、海外に行ったり…ということしていたのですが、コロナの影響で今は行きたくてもいけない状況です。

今後、また旅行に行けるようになることを期待しつつ、このブログでも少しずつ旅行について触れていきたいと思います。

旅行って旅先はもちろん楽しいですが、その前の「どこにいくのか」を考えたり、旅先で「何をするのか」を考えたりしている時間も楽しいですよね。でも、旅行は普段の生活と違い、ついつい散財しがちになる人も多いかと思います。

旅行から帰ってきてお金のことで後悔しないため、まずは旅行を計画する段階で予算を決めることが大事なんです。

お金の流れを見える化する

このブログで紹介しているように節約で一番始めにすることはお金の見える化(節約の場合は、家計簿)です。これは、旅行も例外ではなく、使えるお金がどれくらいあって、どれくらい支出の予定あるのかを予測しておくことで、旅行から帰ってきてからのお金の後悔が格段に減ります。

まずは、旅行でどれくらいお金を使えるのかを決めましょう

楽しむために旅行に行くのに、なんで行く前からお金の計算なんてしないといけないの?と思う人もいるかもしれませんが、この計算ができているかできていないかが旅行の結果を大きくわけるのです。下記の項目に沿って、旅行の準備と同様に頑張って設定してみましょう。

  1. そもそも今回の旅行はいくら使えるの?
  2. 行きたいところはその予算内で本当にいけるの?
  3. 交通費や宿泊費だけなく現地での出費はいくらかかるの?

この三点を事前に考えてみましょう。

1「そもそも今回の旅行はいくら使えるの?」をしっかりと決めることができれば、2「行きたいところはその予算内で本当にいけるの?」も3「交通費や宿泊費だけなく現地での出費はいくらかかるの?」もスムーズに決めることが可能です。

もし、2「行きたいところはその予算内で本当にいけるの?」で1「そもそも今回の旅行はいくら使えるの?」の予算を超えるようなら、旅行先を変えるか、もう少しお金を貯めるのかを検討しなおしましょう。

3「交通費や宿泊費だけなく現地での出費はいくらかかるの?」は行ってみないとわからないよ!と思う人もいるかもしれませんが、予測を立てることはできます。もちろん、現地ですべてその通りに動く必要はなく、あくまで予測を立てておくというのが重要なのです。

まとめ

  • 旅行は予定を立てる時から始まっている
  • お金の流れを見える化することによって、最大限に旅行を楽しむことができる
  • 予算設定をすることで旅行から帰ってきてからお金に関する後悔がなくなる

コメント

タイトルとURLをコピーしました