「未来家計簿」をつけるだけで確実に貯蓄ができる家計簿活用術【サラリーマンの節約術】

家計簿
スポンサーリンク

こんにちは!家計簿大好きなわくわくです!

家計簿をつけ始めて10年以上立つのですが、家計簿を今では家計簿をつけないと落ち着きません(笑)

今回は、収入が読みやすいサラリーマン必見の家計簿活用術!

やり方はとても簡単なのに、貯蓄額が確実に増える「未来の家計簿」をご紹介します♪

スポンサーリンク

未来の家計簿をつけるとは?

家計簿は、めんどくさい印象を持っているかもしれませんが、

「収入と支出を記入してを毎月の収支を把握する」ためのものです。

ただ、サラリーマン(雇われ)の場合、収入って大体読めますよね?(残業代での変動などはあると思いますが、平均値はわかると思います。)

収入が読めるということは、先に貯蓄額を設定すれば、残りの使えるお金も見えてくると思います!

「未来の家計簿」とは、未来の収入や貯蓄、支出額を想定する!というものです。

この未来の家計簿で大事なのは、お金の流れを目で見えるようにするということ。

もちろん、想定できない突発的な支出もあると思うので、変動が出てしまっても問題ありません。

普段、自分はアプリを使って家計簿をつけているので、アプリの画面を使って説明します♪

また、やり方を紹介するために「わかりやすい金額」にしていますので、そこはご了承ください。

収入を入力する

まずは、給料日に収入を入力してください。

給料日がわからない…金額を把握していない…という場合は、サラリーマンの場合、勤め先から明細がでているかと思いますので、そちらを確認してみてください!

今回は、わかりやすいように手取り20万円としています。

25日が給料日と想定して、収入としてまずは、20万円を入力します。

ちなみにこのアプリの場合、青字は収入、赤字は支出です!

貯蓄したい額を入力する

続いて、貯蓄に回したい額を入力します。

貯蓄額を最初に想定することで、必然的に残りの金額の中でやりくりすることになります。

日付はどの日でも良いのですが、その月の最終日だとわかりやすいかと思います!

今回は、月8万円を貯蓄することを想定して、31日に8万円を入力しました。

注意点

初めに、貯蓄額を大きくすると、自分の首を絞めてしまうことになります。

小額から始めて、徐々に増やしてく方が、ストレスが少ないと思います。

家賃や習い事など毎月必ずかかる金額を入力する

続いて、家賃や習い事といった毎月固定でかかる費用を入力します。

支払日が決まっている場合は、その決まった日に入力してください。

今回は、家賃とスポーツジム代を想定してそれぞれ、

  • 家賃…5万円(20日に)
  • スポーツジム…8千円(1日に)

入力しました。

固定費は、すぐに下げられるものではないのですが、見直しができる場合も多いので、見直しの対象にしましょう。

特に、契約だけしているサブスクや保険料などは、手を付けやすいと思います。

食費や光熱費など変動する金額を入力する

続いて、食費や光熱費といった、毎月変動する費用を入力します。

普段の支払い想定ができている場合は、近しい金額を入力してください。

もし、把握ができていない場合は、まずは、希望の金額を入力しましょう!

毎月続けていくうちに、どれくらいが自分が使っているかが見えてくると思います♪

今回は、食費、光熱費、スマホ代を想定して、それぞれ

  • スーパーでの買い物…3千円(毎週土曜日)
  • スマホ代…3,500円(31日)
  • ランチ代…2,500円(平日1日500円と想定して月曜日に集約)

を入力しました。

注意点

ここで気を付けないといけないのは、食費です。

普段どれくらい使っているか把握している場合は良いのですが、把握できていない場合、極端に減らした額を入れてしまうと、現実との乖離でストレスが溜まります。

まずは、幅を持たせた額を入力することをおすすめします♪

余暇で使う金額を入力する

最後に、プライベートで遊ぶ余暇の金額を入力しましょう!

これまで生きていくために必要な金額を先に入力したので、残りの金額も見えていると思います。

今回は、わかりやすいように土日休みを想定して、土日に入力していますが、ご自身の休みのタイミングに合わせて入力しましょう。

  • レク費…2500円(各土日)

を入力しました。

収入ー支出で0円にしていますが、必ずしも0円にする必要はありません。

想定外のことがあっても良いように、余白を設けておくと良いと思います♪

毎日の支出を記載していく

未来の家計簿ができたら、あとは、支出を入力していくだけです!

未来の家計簿は、月のはじめや前月の終わりに作っておくと管理が簡単です♪

大事なことは、

  • 貯蓄額を引いた残りの予算がどれくらいあるのかを目で見る
  • 実際の支出が想定よりどれくらい乖離があるかを目で見る
  • 想定した額以上の支出がないかを目で見る

ということです。

人間、プラスになっているときは良いのですが、マイナスになると居心地がよくないと思います。

初めは、想定より支出が多くなってしまう場合もあるでしょうが、その差額を減らしていくことで必ず貯蓄額が増えていきます。

もちろん、想定以上に貯蓄に回せるようになれば、儲けものですね♪

まずは、3ヵ月続ける

家計簿は継続が重要です!

それは、継続することで、傾向がみえてくるからです。

なのでまずは、3ヵ月間続けてみましょう!

3ヵ月続けることができれば、習慣化することができます。

家計簿をつけるのが面倒だなと思っても、3ヵ月は我慢する!

たったこれだけで、貯蓄が増えるならやってみる価値はあると思います♪

貯蓄が増えたら、精神的な安心感にもつながりますし、投資に回してお金にお金を生み出してもらっても良いと思います♪

今回は、あくまでわかりやすいような金額にしています。

実際は細かい部分も出てくるかと思いますが、それぞれ状況に合わせてみましょう!

【証券会社のご紹介】
取引手数料が安いから初心者も安心!
【レンタルサーバーのご紹介】
このブログでも利用している!
【節約の必須アイテム】
楽天サービスを賢く使うなら!
家計簿節約
スポンサーリンク
わくわくさんをフォローする
スポンサーリンク
30代独身男性の「毎日楽しく節約生活」

コメント

タイトルとURLをコピーしました