QRコード決済は、節約になるのか?選択編②クレジットカード

ポイント
この記事は約2分で読めます。

持っているクレジットカードから考える

普段使っているクレジットカードがあるようにであれば、そのカードを基準に考えるのも良いかと思います。クレジットカードと紐づけができるQRコード決済とできないものがあるので、その点は注意が必要です。

また、クレジットカードを連携することで、ポイントの二重取りが可能になるものもあります。ポイントの集約をすることは、ポイントの失効を防ぐことにもつながります。※2020年7月6日現在の情報です。

楽天ペイ×楽天カード

楽天ペイと相性の良いのは、もちろん楽天カード。楽天カードを持っているという方であれば、楽天ペイと紐づけて支払いをすることで、1%還元されます。ただ、こちらの還元に関しては、楽天カード以外のクレジットカードでは、還元されませんので注意が必要です。

LINE Pay×Visa LINE Payクレジットカード

こちらもLINEという名前が付く通り、Visa LINE Payクレジットカードでのチャージがお得です。「Visa LINE Payクレジットカード」は初年度年会費が無料で、サービス初年度はLINEポイント3%還元という高還元カード。LINE Payにチャージして使用することで、Visa LINE Payクレジットカードの3%の還元だけでなく、LINEポイントクラブのランクに準じた1~3%の還元を受けることが可能です。

d払い×dカード

ドコモユーザーやdカードを持っている人であれば、d払いがおすすめ。dカードを支払先として紐づけると、買物金額に対し、通常の進呈ポイントに加え、さらに100円(税込)につき最大+7%のdポイント(期間・用途限定)を還元されます。ただし、dカード以外のクレジットカードの場合、適用されませんので、注意が必要です。

PayPay×?

PayPay問えば、Yahoo!。そんなYahoo!の名前を持つヤフーカードなら還元率高く使えるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、2020年2月1日より改悪により、還元率が0に…

わくわくポイント

  • 持っているクレジットカードと紐づけてポイント還元率アップ
  • クレジットカードの明細と連携し、お金の管理が簡単に
  • ポイントを分散させないことでどんどんポイントを稼げる

コメント

タイトルとURLをコピーしました