通勤スタイルによってポイントがもらえる!JR東日本

ポイント
この記事は約2分で読めます。

通勤スタイル合わせた新サービス

コロナ禍において、リモートワークに切り替わり、通勤自体をしていない人もいるかもしれません。通勤しない人にはあまり恩恵はないのですが、変わらず通勤を続けている人や時差出勤をしている人には、かなりお得な新サービスがJR東日本よりリリースされます。

JRE POINTがもらえる

JRE POINTは、JR東日本が運営する鉄道利用や駅ビルでの買い物、ビューカードでの決済などで貯めることができる共通ポイントです。1ポイント1円から利用することができるだけでなく、Suicaにチャージすることができるのが、大きなメリットといえます。

1.オフピークポイントサービス

Suica通勤定期券で時差出勤するとJRE POINTがもらえるサービスです。エントリーが必要になりますが、対象エリアの各駅でポイント還元対象となる時間帯に入場したのち、対象エリア内の駅で出場した場合に、JRE POINTがもらえます。

もらえるポイントって?

  • ピーク時間帯前…15ポイント
  • ピーク時間帯後…20ポイント

対象の時間帯は、こちら

https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210127_ho01.pdf#page=6

実施期間

2021年3月15日~2022年3月31日

1年間あるので、対象区間を利用している人が、とりあえずエントリーしておくと良いですね。

2.リピートポイントサービス

Suicaで月10回以上乗車すると、JRE POINTがもらえるサービスです。こちらは、エントリーが不要です。

同一運賃区間の利用が同一月内に10回となる場合、運賃1回分相当のJRE POINTをもらえます。例えば、定期券を廃止されて企業で、月10回以上は会社に通わないといけないという場合は、ポイントがもらえるというものです。

11回以上の場合、1回ごとに運賃の10%相当のJRE POINTがもらえるので、出社が多い月などは良いですね。

実施期間

2021年3月1日~

ただし、月跨ぎでカウントがリセットされるので、注意が必要です。

まとめ

  • JR東日本で通勤をしている人にはお得なサービス
  • 定期券を使っている人は、ピークの時間帯をはずすだけ
  • 定期券を使っていないけど、同じ駅を利用する人は、10回以上通うだけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました